買ってはいけないキャンプ道具

必要なキャンプ道具はたくさん紹介されていますが、買ってはいけないキャンプ用品の紹介といのはほとんどないと思います.一度購入するとなかなか買い換えることができないキャンプ用品.ここの紹介した製品はすべて管理人が実際に購入した製品です.購入時の参考になればと思います.

アウトドアワゴンテーブル

アウトドアワゴのオーナーが『おっ』と気になる商品なんですよね.買うことを決心していたのですが、たまたま買い物のついでに立ち寄ったアウトドアショップでアウトドアワゴンテーブルを発見.何気に、中央部分を手で押さえてみたら・・・ペコペコやん.コレ、テーブルの機能を全うできるのか?物置としてのは機能できるが、ごはんんを食べるテーブルとしては役立ちませんね.

ガーベッジフレーム

やっちまったよ~の認定品.ええな~と思ったんですがしっくりきません.確かにあると便利なのかもしれませんが、かなり微妙です.いびつな形というのがキャンプ道具の一番のデメリット.便利以上に運搬と保管に苦労するキャンプ用品です.フラットな形状になるまでは買わないほうがいいです.
>>ガーベッシフレーム 使用レポート

パイプチェア

座り心地はパイプの折りたたみ式が断然いいですよ.しかし、収納、車のでの運搬を考えるとアルミ素材の半分に折りたたむチェアは難ありです.(お叱りを受けることも多いのですが、小さい車だと苦労するんです)2脚だけでも相当な容積を必要とします.2年間、我慢て利用しましたが3年目に買い換えました.家での保管場所にも困りますし、ワンボックス車以外の荷室の狭い車のキャンパーは気をつけましょう.もう1つ、小さいお子さんいるキャンパーさんも要注意です.
最近は少なくなりましたが、たまにホームセンターなどで販売されているお尻の部分の布が横に張られていて、背中も横に布が張られているだけのタイプのイスがあるかとおもいます.この椅子、めちゃくちゃ危険なんです.正四角形の箱に背もたれをつけたようなタイプのイスです.
なぜ危険かというと、小さい子供が軽いアルミのイスに、腰深く座り、少しでも頭を後ろに下げたらどうなるでしょう・・・受け身もまったくとれない状態で後頭部から倒れます.我が家は2回ほど恐ろしい経験をしていま.子供もイスが必要になった年齢になったので、ついつい古いのを使ってしまったんです.娘が倒れたときにキッズスリムチェア購入を決断しました.ほんと気を付けて下さい .後ろに倒れるような椅子の場合はペグなどで固定してあげて下さいね.
>>キッズチェア参考ページ

キッチンテーブル

最近はコンパクトになってきましたが、そろそろ必要最低限の道具も揃い、キャンプ道具2軍のトップバッターがこのキッチンテーブルです.目立ちますし、見栄的にも購入意欲をそそる商品なのだが・・・しかし、荷物が積みきれなかった場合にお留守番率No1のキャンプ道具となります.このキャンプ用品も車載容量と相談しながらの購入をお勧めします.見栄を張れるのですが、運ぶ労力や設営、撤収の手間に見合う便利さはないかも.小さいお子さんがいるファミリーキャンパーはやめといたほうがいいかな.

燃料とメーカーは統一

燃料系キャンプ道具は統一しましょう.コンロはガソリン、ランタンはガス・・・こんなことは絶対にしてはいけません.燃料が2種類いるということは荷物が増えることにもなりますし、経済的にもロスが生じます.そして、私のしでかした最大の失敗はランタンをコールマンのパワーマックスシリーズにしたことです.20年ほど前に鳴り物入りで発売された新製品だったが・・・今は生産中止のようです.燃料を探して買うだけでも大変です.だた、故障してるわけでもないので捨てることができず、ただのコレクションになっています.消耗品が発生するキャンプ用品の選定は特に慎重に選定したほうがいいです.ガス缶タイプを選択する場合はメーカーの統一も忘れないように.

キャンプ道具

安物のナイロン製寝袋

外側の素材はナイロンでもいいのですが、内部の人間の肌に触れる側の素材は綿素材を選ぶことをお勧めします.安いからと飛びつくと・・・汗を吸い取らないのでネトネトした肌触りが気持ち悪い.カサカサ音がなって眠れないなど、寝れたもんではありません.1度しかわず買い換えました.2000円未満のものは内部もしっかり確認したほうがいいです.

キャンプ道具

大きいサイズのソフトクラーボックス

ハードタイプは導入せず、ソフトタイプだけで済まそうとされている方は別ですが、ハードタイプ+予備として考えられているかたは”大容量サイス”はやめたほうがいいかもしれません.考えてみてください.35L=35kgの荷物を肩にかけて歩けるわけがないんです.バック自体の形も変形しますし、使ってみて分かったのですが大容量のソフトタイプは想像以上に使い勝手が悪いです.ちょっとしたデイキャンプ→ハードタイプでOKですし、海やプールに連れて行くには大きすぎるんです.
クーラーボックスとしては1度しか活躍しませんでした.もし、予備でソフトタイプを考えられている方は15L以下のものをお勧めします.ただ、現在は別の使い方をしています.コンテナ代わりだと意外といいです.手前の袋は新聞とか緊急用の割り箸.サイドの網目の袋にはか雑巾など入れて使ってます.形が変形するのでフライパンや鍋などの運搬用にも重宝しています.使い勝手の悪さをようやく理解したのか?2015年モデルは横長から縦長にデザインが変更されています.35kgを運べるかは別として、形が変形して運びづらくなるというのは改善されつつあるようです.

ハード系コンテナ

キャンプをすると、いろんな細かい道具が増え、まとめて運ぶ用の何かコンテナのようなものがほしくなります.そこで失敗するのがこのコンテナ.我が家では家用の保管コンテナになっています.
何でダメなの?理由は
①肩にかついで運ぼうとするとめちゃくちゃ不安定なんです=肩ベルトはほぼ使えないと言い切っていいです.左右にふらつくので斜めになって輸送中に中身がでてきます.最悪のケースは真横になって中身が全部出るという事件も発生する始末.
②つめの理由は驚くほど荷物が入らないということ.キャンプ道具っていびつな形のものが多いんです.このコンテに入れたくなるのは、鍋類、フライパ、燃料(ガス缶など)、ランタンなどの小物類です.しかし、入れようと思うグッズとハード系素材BOXとの相性がめちゃくちゃ悪いんです.一見、便利そうに思えてしまうのですが・・・隙間がいっぱいできて驚くほど荷物が入りません.
布系素材なら微妙に形を変えながら柔軟に荷物を収納できるのですが、ハード系はかたちが変わらないのでデットスペースばかりできて使いにくいんです.
結論:クラーBOXとしては使えなかった大容量のソフトクーラーボックスが代用品としてお勧め.もしくは、パンを買って景品でもらう、ミッフィー袋みたいな大きめの丈夫な手さげ袋が最強です.

大きなサイズのRVボックス

家の保管用や車に常備設置などであればいいのですが、キャンプの備品入れとしてはお勧めしません.理由は大きすぎたり、詰め込みすぎて重くなりすぎると一人で運べなくなるからです.部屋→車、車→キャンプサイト、車→部屋とオートキャンプは荷物運びのシーンが多いです.引越しの段ボールと同じで、適度なサイズに小分けにして運ぶと楽になります.当初、大は小を兼ねるかと思い1300mm横長のRVBOXを購入しましたが、実践で使用したのは1回だけです.家での保管用としても厄介者になります.クローゼットに入れたとしても出し入れがたいへんなんです.マンション住まいの人はや100%めたほうがいいです.管理人もどこに保管しようか未だに悩んでいます.ただし、30LクラスのRVBOXは使い勝手がいいです.運ぶ、保管にもちょうどいいサイズ.だいたいミカン箱くらいの大きさです.コロコロのない70L級のクラーボックス、大容量のソフトクラーボックスなども同じで、大きすぎると物凄く使い勝手が悪くなります.
結論:運搬用BOXは大は小を兼ねません

キャンプ道具キャンプ道具

小さいまな板

なんとなく必要と感じて買ったのですが・・・キャンプ生活15年、活躍の場ないです.使ってるのは病院で果物を食べるシーンのドラマ撮影用くらいちゃう?もしくは本当に入院したときかな.

小さい鍋(クッカー)セット

あると便利そうなのですが、一人旅ならまだしも、家族でのキャンプでは活躍の場はありません.憧れの強いアイテムでもあるのでボーイスカウト経験者などが陥りやすいかと思います.いくら小さくてもそれなりの容積になるので、お留守番アイテムになるのは間違いないです.

卵専用ケース

卵専用ケース これもビックリするほど使えません.ケースより大きい卵を入れると割れるわ、帰りのクーラーボックスの中でも邪魔になるわ、、、オートキャンプで活躍するシーンはありません.スーパーで売っている状態の透明パックを必要な個数分ハサミで切って輸送するのが確実です.心配な場合は透明パック+新聞紙で包むとより安全です.

ランタン用スタンド

狭いサイトにスタンドがあると危険ですし、実は設置スペース、確保も大変です.ヘキサタープであればランタン用フックをお勧めします.ランタンケースに入れておけるほどの道具ですので収納スペースもとりません.最近はポールが別売りになってしまいましたが、スクリーンタープの場合でもキャノピーをセットすればフックを設置できます.

キャンプ道具キャンプ道具

トーチ

炭おこし用に購入されるかたが多いと思いますが、噴出し口までが短いトーチは最悪です.また、直接炭に火をあてると炭から火花が散ります.炭の粉が破裂するイメージです.熱いミニ隕石が自分に降りかかってきます.結局、熱くて危険なので使用を断念しています.どちらにしても予想以上に長時間火を当てる必要がありますので思ったより効果はありません.トーチは燃料も必要ですが、自然に着火する チャコスタ がお勧めです.※革手袋と上質の木炭を使う場合においては便利とのご指摘がありました.

ドリンクホルダー

値段のわりに実用性が低いのが問題なアイテムです.席に座っているときは自分が重しになって倒れることはないのですが、無人で重いものを置くと倒れます.そのうち、持って行っても装着することを忘れられるほどのアイテムに・・・.それぐらい存在が薄いということは不要なのでしょうね.どうしてもほしい人は1個だけ購入して、存在意義を確認してみるといいですよ.

小さいクーラーボックス

まさに大は小を兼ねる…荷物になるだけですね.今はほとんど家でお留守番です.最低でも500mmのペットボトルが縦に何本か入る大きさがないと厳しいです.

キャリーカード

街中で住んでいるとアスファルトやコンクリートの道しかありませんが、キャンプ場は砂、芝生、ジャリ…綺麗に舗装されている場所なんてほとんどありません.相当タイヤの大きいものを選べばいいのですが、ほとんど自然の中では役に立ちません.運搬用の装具のはずが、逆にお荷物になってしまいます.キャンプ道具の収納時は棒状のものが多いと思いますが、幅の狭いカートに乗せると左右にふらふらして運べたものではありません.極端な表現すると、やじろべえを運ぶようなもんですわ.特にオートキャンプサイトでは活躍することもほとんどなく、このグッズも常に家で待機しています.

保冷材

ラーボックスを買うと次にほしくなるのが保冷剤.氷点下xxx、持続力xxxに何度騙されたことか・・・(笑)次こそはと、何度も騙され、、、我が家には何個も保冷剤があります.夏場は冷凍庫に常時入っていたこともあります.1つくらいはあってもいいのですが大量(3つも4つも)には必要ありません.安いのでついで買いしてしまうのですが、驚くほど保冷力は長持ちしません.真夏など、夕方になるとただの仕切りになり、クーラーボックスの容積を圧迫するだけの無駄なものになります.そうなるとキャンプ中の保管場所にも困りますし、捨てるわけにもいかないのでこれまた厄介なんです.
そこで、高機能保冷財より長持ちし、なおかつ役に立つ保冷機を紹介します. 3日3晩冷凍庫に入れた1.5リットルペットボトルのお茶です .”長持ち””飲める””捨てられる”3拍子そろった完璧な保冷財です.60Lクラスのクラーボックスに2本入れておけば3日目の朝までは氷が残っていますよ.
※注意 買ってきてそのまま凍らせると破裂するかもしれないの少し減らしてから凍らせてくださいね.

クアッドランタン

3回キャンプに連れて行きました・・・それなりの値段もしたのでなんとか便利な道具として使いたいと(願望)・・・散々悩みましたが、やはりこいつはここのページに入れることにしました.明るさは問題なし、トイレのときなどには大活躍するのですが・・・やはりクアッドランタンである必然性が見当たりません.ガスランタンや同じLEDランタン777XPと比べると使い勝手が悪いです.何が1番の問題かというと光が直進性すぎるんです.極端にいうと懐中電灯が四方に4個ついてるようなイメージで、照らしている先しか明るくならないんです.思った以上に光は拡散しません.足元に設置すれば足元だけ、目線にぶら下げればまぶしいだけ・・・全体をまんべんなく照らすというのがものすごく苦手なランタンなんです.野球場のナイターのように上から照らせればいいのですが、構造上難しい.個人的には777XPを2個、もしくはリモコン付きEX-700RCを買うことをお勧めします.

解決方法がコールマンより提案されました ハンギングアウトドアマグネットという製品です.ネオジウム磁石を利用したグッズです.工作が得意な人は自作も可能かと思いますので、クアッドランタンオーナーは確認して下さい.
>>ハンギングアウトドアマグネット使用レポート

大型の一体型のテント

久しぶりに高いもんでやっちまった~2013年秋に1回使ったんですが・・・オフシーズンに入ったのであまり考えていなかったんですが、次回使おうか?と考えると、そうしても、タフワイドドームでええんちゃう?という結論になってしまいます.理由は
①通気性が悪い
②思ったほど設営が簡単ではない
③容積はそうでもなさそうですが面積がでかい
④保管場所に困る
などの理由で残念ながら買ってはいけないキャンプ道具にに認定されました.私のように追加で買うなんてもってのほかですよ.
>>ケシュア 収納&使用レポート

クーラーボックス スタンド

2回ほど使っただけで、その後はずっと家にいるな~見た目はいいのですが実用性が低いアクセサリーの1つ.地面の熱気や汚れ、使いやすさを求めて購入するも残念な結果に.それなりの荷重に耐える構造にする必要があるため作りもしっかりしています.コンパクトに畳めるように設計されているのですが、骨太なのでそれほど小さくなりません.長期のキャンプ生活などでは便利との声もありますが、1泊2日のファミリーキャンプではいらないかな. 極端な表現ですが、ヘキサタープをもう1つ運ぶ感覚になります.購入を検討される方は収納時の実物サイズを見られたほうがいいです.
>>詳しくはここでレポート
>>でもやっぱかっこええ

(LEDランタン用)ランタンカバー

燃料用のガラスのランタンはカバー必須ですよ.だけどですね、電池式のLEDランタンそうでもないんですわ.確かに購入当初、家族にクスっと苦笑いされたの覚えています.何も言われませんでしたが、ウハウハのお父さんを気遣った上のことだったのでしょう.1回目のキャンプで、軽く邪魔で無駄であることに薄々気づき、2回目のキャンプでいらなかったことを確信するキャンプ道具です.だいたいのランタンは取っ手も付いていますし、単品で運ぶのでランタンカバーはいらないんです.燃料系ランタンのようにガラスでもないですし、運搬時に傷がつきにくい程度で、ランタンを出す、しまうという2つの無駄な動作を生むだけのカバーなのです.さらに、キャンプ場でLEDランタンを取り出した後のカバーがめっちゃ邪魔なんです.クアッドランタンオーナーがよく引っかかるキャンプ道具です.=はい、私です.
>>購入してウハウハのときのレポート

でかいエアーマット

エアーマットで失敗しているお父さんめちゃくちゃ多いです.いびきをかいて、家族に迷惑かけるくせに、自分だけ安眠を求めるお父さんキャンパー率は高いんです.エアーマットで失敗しているお父さんの傾向はGIコットかで迷ってます.GIコットは荷物になるということで、消去法的にデカエアーマットに走るんですよね.考えてみて下さい、海で使う浮き輪のようなものの上で寝れますか?ある程度の硬さがないと人って眠れないんです.快適に寝るためには登山用のマット、エアマットがお勧めです.実はマットは肩からお尻まであればOKなんです.

 

ピクニックテーブル

この一体型ピクニックテーブルは、ペグ打ちの次に難儀を強いられているファミリーキャンパーをよく見かけます.お子さんができて、ちょっとしたピクニックを経験し、ステップアップでキャンプ.おそらくですが、ピクニックでは物を置くだけのテーブルとしてだけ利用していて、食事をするダイニングテーブルとして利用していなかったのではないでしょうか.座れない、不安定、壊れやすいと3拍子揃ったキャンプ道具です.ピクニックテーブルを選択する場合は、一体型ではなく、セパレートタイプをお勧めします.
もう1つ、中心の穴にパラソルを設営されようとするキャンパーもほぼ100%失敗されています.土台が不安定なのでちょっとした風で飛ばされるんです.挿しては抜きを繰り返し、結局は諦めているキャンパーをよく見かけます.