メスティンめしのカレー

メスティンめしのカレー

キャンプのメニュー、カレーは定番ではあるのですが、
メスティンめしで、カレーをいちから煮込むというのはちょっと違う感じがする.
かといって、レトルトカレーは味気ない・・・

キャンプの食事ってメインイベントの1つなので、1食1食を大事にしたいんですよね.
にしても、1回くらいは試す必要があると思い、昼食をメスティンカレーライスにしてみました.

メステインめし
ごはんが1合ということもあり、ルー多めのレトルトカレーを選択

一応、ルーを温めながら

メステインめし
いうほど熱くなりませんでした.しっかり煮込んだ熱々が好きな人は、ご飯を蒸している時間にお湯で温めたほうがいいです.

メスティンのご飯の炊き方が上手になってきました.親から配給されたこしひかり(いけてない息子(私)を哀れみ、たまに親が配給してくれる)というのもあるかもしれませんが、お米が立ってる感じ!

メステインめし

”スゴ盛り” って、ここまでの量はいらんかったか

メステインめし
カレールーをちょっとづつ引っかけて食べる人が好きな人にはこの食べ方合わないかもしれませんね.

メスティン+外ご飯ということで美味しいのは間違いないです

メステインめし

メスティンめしで1回はやっておく必要があると思ったので挑戦しましたが

メステインめし

<メリット>
・まあ、間違いなく楽です
・ご飯炊きの失敗をリカバリーしやすい
 →多少焦げても味をごまかせる
 →多少芯が残ってもルーが多ければ追加で煮ることができる
・総合的に失敗の率が低い

<デメリット>
・後処理が意外とたいへん
 →水道が使えない場所は不向き
      洗剤+水道が使えない+オートキャンプなら紙皿などを利用したほうがいいかも
・オートキャンプだと手抜き感が半端なく、ありがたさが半減

次回、もしやるならご飯を半分に取り分け、カレーと牛丼、カレーと親子丼、カレーと中華丼など、2つの味わえるような準備ができたらいいなと思いました.

タイトルとURLをコピーしました