ワークマンのメステインを比較してみました

売り切れが続いているワークマンのメステイン.一般的にはシーズンオフの2月の在庫状況は・・・
5件お店をまわれば1件くらい残ってる感じです.今後も入荷するするかと思いますが、見つけたら即買いしておいたほうがいいでしょう.トランギア、ニトリ、ダイソー、ワークマンのメスティンを比較情報を紹介します.

ワークマンのメステイン

はたして、ワークマンのメスティンはメインギアとなるのか!

ワークマンのメスティン

価格は780円・・・この価格なら失敗しても問題ないですね

ワークマンのメスティン

780円でも品質的まったく問題なし

ワークマンのメスティン

トランギアのようにバリなどはありません
この価格ですし、シーズニングなし、即本番でOKでしょう

ワークマンのメスティン

ワークマンのメステイン比較

左がトランギア、右側がワークマンのメスティンです

ワークマンのメスティン

サイズはほぼ同じ、大事な深さも同じです

ワークマンのメスティン

取っ手のハンドルもほぼ同じです
ワークマンのメスティンのほうが緩い感じです

ワークマンのメスティン

唯一の大きな違いは蓋の気密性です
やはり、ニトリの『メスティン』100均メスティン同様、蓋がガバガバなんですよね

ワークマンのメスティン

蓋がガバガバ=圧力がかかりにくいということですね

ワークマンのメスティン

気密性テスト:ワークマンのメスティン
反対側を向けると蓋が落ちます

ワークマンのメスティン

気密性のテスト:トランギアのメスティン
隙間もほとんどなく、ちょっと言い過ぎですが、茶筒のようになっています

ワークマンのメスティン

蓋の気密性を高めるための、ひと加工が倍の値段の違いなのかもしれませんね

ワークマンのメスティン
左がトランギア、右がワークマンのメスティン

ハンドルの留め具は3点締めでニトリの『ニスティン』と同じです

ワークマンのメスティン
炊飯の際の目印になるので、試し炊きなどで目安を把握しておきましょう

トランギア、ワークマン、ニトリ、100均のメスティン比較

左側から100均、ニトリ、ワークマントランギアのメスティンになります

ワークマンのメスティン

何をやってんだか・・・同僚や後輩へのレンタル用ですかね

ワークマンのメスティン

  トランギア ニトリ ワークマン 100均
価格 1,980円 1,290円 780円 550円
サイズ 170*90*620 160*900*60 165*95*63 150*80*50
重量 150g 200g 210g 123g
特徴 品質が高い
いや品格か
硬質アルマイト加で焦げ付きにくい 価格と品質のバラスがいい とにかく安い
入手しやすさ
お勧め度
シーズニング 必要 不要 どっちでも どっちでも

試に買ってみるレベルで言うと、ワークマンのニスティンが一番いいかもしれませんね

ワークマンのメスティン試し炊き

・・・いきなり難易度高めの『0.7号炊き』で試してみました

ワークマンのメスティン

吸水は長めの1時間半ほど

ワークマンのメスティン

0.7合炊きということでお水は150ml

ワークマンのメスティン

0.7号のお米+150mlの水だと下の丸いポッチの真ん中くらいです

ワークマンのメスティン

家での試し炊きなのでガスコンロで

ワークマンのメスティン

炊飯時間は13分ほど

ワークマンのメスティン

さてさて、出来上がりは

ワークマンのメスティン

しゃー!完璧です

ワークマンのメスティン

お米の粒も立っております!

ワークマンのメスティン

普通のご飯なら0.5合でよかったのですが、キーマカレーがあったので0.7合炊きに

ワークマンのメスティン

焦げもできずに完璧な炊きあがりでした

ワークマンのメスティン
トランギアのように、バリ取りなどはないので、 面倒なシーズニングしなくても、家のガスコンロで試し炊きすれば本番に向けた準備は完了です!

早くコロナ治まらないですかね、実践が楽しみです.