キャンプに最適な釣り具メーカーの(ICEBOX)クラーボックス

やっと日本製の本格的なアウトドア向きクラーボックスが発売されます.
10年、いや15年前から待ちに待った、待望の釣り具メーカー製のアウトドアクーラーボックス.

シマノ(SHIMANO)ICEBOX

シマノ ICEBOX ほんとようやくといった印象です.
ようやくコールマンのクラーボックス一択のような状況から脱却できそうです.
>>キャンプ用クラーボックスの比較
コールマンのクラーボックスを勧めつつ、もう1つの趣味である釣り用クラーボックスをこっそりキャンプで使ってました.だって、性能がとんでもなくいいんですもの~

SHIMANO_ICEBOX

気密性と剛性

釣り用クラーボックスは樹脂、パッキンのゴムなど素材の品質が高いです.断熱材の素材だけでなく、気密性も高いので保冷力は抜群にいいんです.キャンプは撤収まで冷えていればいいですが、魚釣りは家に帰るまでしっかり魚を冷やして新鮮な状態で持ち帰る必要があります.求められる性能のレベルが違います.

高精度と耐久性

真夏の炎天下での釣り、極寒の中で釣り・・・過酷な条件下で利用される釣り用クラーボックス.実は高精度だけではダメで、高い耐久性も必要なんです.買った直後だけでなく、耐久性が高いと5年、10年と性能を保ち続けることができます.

取り外せる両開きできる蓋

釣り用クラーボックスでも蓋の両開き機能がないものはありますが、蓋が外れないものはほとんどないです.キャンプ用でも蓋を外して隅々まで洗いたいというニーズはあると思うのですが以外と少ないんですよね.

選べる保冷性能

私が所有するウレタン素材のクラーボックスとお金持ちの釣り友が所有する私は真空パネル素材のクラーボックを比較するととんでもなく保冷力の性能差があることが分ります.
真空パネル素材は真夏の車の中にクラーボックスを5,6時間放置してもしっかり氷が残っています.
アウトドアのキャンプでここまでの性能が必要か?と思いますので、真空パネルは釣りの趣味もある人向けですかね.

シリーズ 氷保持時間 容量 重量 価格 カラー
ICEBOX PRO
6面真空パネル
10日間 30L 7.7kg ¥53,000 カーキ
6.5日間 522L 5.7kg ¥50,000
ICEBOX EL
3面真空パネル
6日間 30L 6.1kg ¥31,000 チャコール
4.5日間 22L 4.8kg ¥29,000
ICEBOX  ST
発砲ウレタン
4.5日間 30L 5.3kg ¥19,500 サンド
ベージュ
3.5日間 22L 4.2kg ¥18,000
ICEBOX VL
発砲ポリスチレン
4日間 30L 4.8kg ¥16,000 ミディアム
グレー
3日間 22L 3.7kg ¥14,500

2022年のキャンプ場はシマノのアウトドア用のクラーボックスでサイトがあふれそうですね.