車中泊

車中泊ってどうなんよ!

子供の成長と比例し、収入がアップしない貧乏父さん・・・(涙)=私

これまで、それなりのサイズの車だったので『車中泊』の大変さって知らなかったんです.

クロカン、SUV、ワンボックス、それまでならシートをフルフラットにすれば、キャンプ経験者なら普通の寝床.

ところが、子供と成長に反比例し、車のサイズはSUV→ワンボックス→カローラフィールダーというコンパクトカーになるダウンサイジング

シートがフラットになるわけでもない普通乗用車

大阪の街中に住んでたので車の必要性の知らないまま生きた世代、車を買う意味が分からない・・・(バブル崩壊世代)

そんなオッサンが、関東の田舎で生活するようになり、車の必要性、面白さ、楽しさを感じ、釣りはするぜ!

シートを傾けて寝る機能は、かなりアウトドア的には必須要素

車中泊

フルフラットではばいですが、運転席側を頭に向けると、少し頭はUPぎみになります.

車中泊

寝袋を敷くとこんな感じ

車中泊

自分、身長165cmのチビちゃんは

車中泊

普通に寝れま~す

車中泊

結論:1人~2人ならカローラフィールダー級のコンパクトカーでも就寝可能です.

=過去の経験上ワンボックスなら、小学校低学年2+お父さんならぜんせん平気.

(関西風)ただ、おかんかいるならSUVまでやな.

ソロキャンプの予行演習

スケジュールが合わず、家族でのキャンプが難しくなった今・・・

キャンプは行きたい、、、けど一緒に行ってくれる人がいない=友達少ない=寂しい人生すぎる

軽く趣味が合う友達ができたとしても、オッサン2人でキャンプとかまあまあハードル高いんですよね.

そうなると、ソロキャンプはどうか?

それなりに経験はあるのでどんなキャンプ道具が必要かはある程度分かってます.

調べるといろいろほしいものがでてきます.

『けど』ソロ用ではないですが、代替え可能なファミリー向けの道具は揃っています.

まだまだ使えるものを買い替えるのはもったいないし、なにより、本当にソロキャンプを続けることができるのか???

一人の寂しいソロキャンプを楽しめるのか?

ソロキャンプ道具を買っても、1回使って終わりになるのでは?そんな不安がよぎり、1歩踏み出せない状況が続いています.

そんな中で機会が訪れたのが『釣りキャンプ』です.メインは釣りでサブがキャンプ.ちょうどいい機会なので、ファミリー用キャンプ道具を使ってソロキャンプを想定してキャンピングしてみました.

心配していた荷物の量ですが、ファミリーキャンプ用でも、物量的には代替えできそうです.
テント、テーブル、イス、クーラーボックス、キッチン道具、寝袋、着替え +釣り用の遊び道具を搭載するとこんな感じです.(コンパクトカーに搭載)
今回は釣りの寝床確保のキャンプのため、追加でイスを1脚+釣り友の寝袋と釣り道具を載せての旅でした.

本来なら荷物をコンパクトにするため、ロースタイルの道具に変更する必要ではあるのですが、ソロキャンプならなんとでもなりそうなことが分かりました.

・食事関連はまったく問題なし

・唯一の問題点というか、改善したい点

エギングキャンプ

やっぱですね、デカいと設営、撤収が大変なんですよね.

やはり、テントだけはコンパクト=楽に設営できて、楽に撤収できるものが必要と確信しました.

もう1点、寝る前に獣を見てしまったんですね.

夜中に2,3回、意味不明な物音で起きたのですが、、、ソロの野営キャンプ系は自分的(ビビリ)には無理かもとも思いました.

ソロキャンプの準備

スケジュール調整ができず、なかなか家族でキャンプというわけにはいかなくなりました.

ソロキャンプの準備、その1として、風よけ(ウインドスクリーン)を導入してみました.

キャンプ道具

 
家族のキャンプの時は飯盒専用のようになっていましたが、ソロキャンプとなるとシングルバーナーがメインで活躍するはず.
これまで、少しでも風があると木の幹の裏側を探したり、熱を気にしながらクラーボックスで囲ったり・・・
これからは安心して調理ができそうです.
 
もう少し涼しくなったら出発かな.