チャコスタ(10年後のキャンプ道具シリーズ)

10年後のキャンプ道具シリーズ第一弾 チャコスタ

購入してすぐのレポートは多いと思いますが、キャンプ10年後にどんな状態になっているか気になりませんか?

約10年前後のキャンプ道具を紹介したいと思います

チャコスタ
利用歴:約10年以上
利用回数:約30回以上

多少の汚れはありますが、歪みなどもなまったくなく、くザビなどもありません
チャコスタ
ちょっと大げさかもしれませんが、駆動部分は購入時とまったくかわりない使い勝手のままです

高熱で歪みがでるのでは?と思われるかもしれませんが、年に数回程度の利用レベルでは品質の低下はありません

実物を触ってみると、意外と重量感もあって、鉄板が厚いことを実感すると思います

使い方は簡単 着火剤を底に入れておくだけで自動的に木炭に火が入ります
 チャコスタ  
下から上に空気が抜けるよう、できるだけ綺麗に縦に積み上げるようにしましょう

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オガ備長炭 6kg入
オガ備長炭など少しいい、火の入りにくい炭を使うときほど役立ちます

こんな感じで 表面の全体が白くなったら出来上がり
チャコスタ
火が入りいくい木炭=安定した火力が長持ちするんです

木炭全体の均一に火が入るので無駄やむらがでることもありません
チャコスタ
チャコスタがないとこんなに綺麗に火が入ることはないと思います.

それなりに高価で、単一機能アイテムということもあり、導入するまで一番時間がかかりました.しかし、導入してみると『もっと早く購入しておけばよかった』と思ったキャンプ道具No1アイテムです.年に何回かBBQされるなら導入しても後悔はないと思いますよ.

タイトルとURLをコピーしました