メスティンを固形燃料で炊飯

メスティンを固形燃料で炊飯

メスティンあるある『固形燃料で自動炊飯』なる記事を書かれている方がいらっしゃいます.
おそらくですが、かなりの方が野外の実践キャンプ未経験の方と思わます.

メスティンで固形燃料

ポケットストーブと組み合わせて・・・みたいな
動画とかもありますが、明らかに家の中で試しているのが多いですからね.

 
真冬でも家の中が20℃以上で無風状態での炊飯なら成功するでしょう.
しかし、野外で少しでも風があって、気温を10℃を切ると、お湯すらなかなか沸かすのもたいへんです.春先や晩秋のキャンプ経験者ならみんな知ってることなんですが、お湯が沸騰しない状況での炊飯はほぼ不可能です.
固形燃料のメスティン炊飯最高!と粋がって野外で挑戦した仲のいい(キャンプ初心者の)お友達・・・ほぼ全員撃沈しています.仲がいいと、楽しそうにしているお友達のこと否定しずらいんですよね.お米の半煮えとか食べれないですからね.
 
お勧めはガスストーブ、気温が低ければ寒冷地用のガスを使った炊飯.さらに風よけの道具も必須と言っていいでしょう.気温が高くても風があると火力が安定せず、炊飯の失敗率がアップします.
 
最近はメスティンのレシピ本などもありますが、3,4ページ目に必ず『固形燃料で自動炊飯』なる説明が書かれています.風よけなど、環境を整えば野外でも可能ですが、簡単だからと言っても、決して初心者向けのやりかたではないことは書いておいてほしいですよね.
 
以上、メスティンあるあるでした
タイトルとURLをコピーしました