買ってはいけないと思ってたキャンプ道具が便利

歴代の買ってはいけないキャンプ道具を紹介していますが、前回の釣りキャンプの際に少し驚いたことがあったんです.

ソロキャンプに向け、少しづつキャンプ用品を揃えはじめているオッサン友達から驚きの相談がありました.

友:『キャンプソフトクラーボックスは何リットルのを買えばいいの』

いやいや、釣り友達なのでいろんなサイズのクラーボックスを所有している友達なんです.

釣り用のハード系のクラーブックス使えばいいやんとアドバイスしたところ、

友:『いや、だってあのバックってキッチン用品まとめて入れるバックちゃうん』

・・・?

購入当初は使い道がなく、仕方なく使っていたのですが、今となってはなくてはない道具になっている

確かに、キッチン用品まとめて入れるバックとしてはめちゃくちゃ便利

キャンプ道具

現行モデルにないサイドポケットもまあまあ便利

キャンプ道具

シングルバーナーとOD缶がちょうど入るんです

キャンプ道具

何よりいびつな形の道具をボコボコ入れておくのに便利なんです

キャンプ道具

フライパンとか丸いクッカー類

飯盒なんかも取っ手部分が飛び出てるので、収まりの悪い道具の1つです

調理グッツ全般

キャンプ道具

調理に必要な道具をまとめていれているので、突然のBBQとかでも忘れ物が激減します.

はじめてのメスティン

はじめてのメスティン

メスティンが家に届いたら、まず執り行う儀式がありますので紹介します.

メスティン

はじめてのメスティン 儀式を動画にまとめてみました.

儀式その①バリ取り

メスティン

噂ほどではないものの、強く手を当てて擦ればケガするレベルです.必ずヤスリ掛けはしたほうがよさそうです.

続いてシーズニングですが、お米の研ぎ汁を利用して10分ほど煮込みます.全体的に茶色がかれば完成です.

メスティン

ここまできたら、試し炊きしたくなりますよね・・・
我慢できなかったのでベランダで

メスティン

思った以上に気密性が高く、沸騰しても蓋が開かないんです.軽く圧がかかってますね.

メスティン

ただの白米だと面白くないので、思い付きで枝豆ごはんにしてみました.
※豆が黒い理由は丹波産のためなんです.豆も大きくてめちゃくちゃ味が濃いんですよ.

メスティン

2回目は同時に食べる汁ものを意識した具で炊き込みご飯風ごはんを作ってみました.

メスティン

これまた大成功!!!
実践で使うのが楽しみです.

家族で使う場合はラージがお勧めです.

trangia(トランギア) メスティン TR-210

trangia(トランギア) メスティン TR-210

家族キャンプ卒業後、おっさんのソロキャンプ

おっさん=昭和生まれ=米食派

ソロキャンプでも、当たり前のように美味しいお米が食いたい

アウトドアで、一合のご飯を美味しく炊く方法はあるの???

いろいろ探していると、このあたりの製品が正解のようですね.

ところが、私のようなオッサンが多いようで、入手困難な状況.1.5ケ月待ちでようやく入手.

カツ入れ(シーズニング)が楽しみです.

OD缶からCB缶変換アダプター実際に使ってみた

OD缶からCB缶変換アダプター実際に使ってみた

OD缶からCB缶

詳しくは動画でまとめてみました.

次回は実際に湯沸かしして性能検査をしてみようかと思っています.

 

次回は実際に

テントの底

テントの底

2018年9月下旬 いやいやいや、まだまだ暑い時期なのにテントの底だけは何でこんなに湿気るんやろ???
テントの底

しかも、底に敷くビニールシートを忘れたもんだからテントの底全体が水浸し・・・

テントの底

ソロキャンプの練習で3×3mのファミリーテントを張ってしまったもんだから・・・
乾かすのもたいへんでしたわ.出動回数の減ったタフワイドですが、さすがですね・・・10年戦士以上の活躍していますがまったく問題なく使えています.
むしろ使えないほどダメになってくれれば捨てられるのですが、、、丈夫すぎて処分できない→買い替えれない
まあまあの思い入れ、思い出も詰まってるのでうにもできない=この気持ちはお父さん(=私)だけで、家族からは早く捨てろ!コールが鳴りやみません.
だって~十分使えるにもったいないですよね.

CB缶からOD缶機器に変換アダプター

CB缶からOD缶機器に変換アダプター

今更の説明になりますが、キャンプ用火器類で利用するガス缶は OD缶(OutDoor アウトドア缶)とCB缶(CassetteGasBombeカセットガスボンベ)とがあります.

簡単にメーカー別にまとめますと

コールマン  OD缶のみ
スノーピーク OD缶のみ
プリムス  OD缶のみ
イーピーアイ OD缶のみ
キャプテンスタッグ OD缶のみ

SOTO OD缶/CB缶
ユニフレーム OD缶/CB缶

イワタニ CB缶のみ

あたりになります.

いずれにしても、OD缶とCB缶は互換性はありませんし、基本ルールは同メーカーの燃料を使うことになっています.

OD缶:メリット 火力がある
CB缶:メリット ガス缶がとにかく安い

などの特徴がります.

■以下、自己責任記事となります■

コストのことだけ考えればCB缶タイプの中で選択すればいいのですが、そこがなかなかそういかないんですよね.
最大の問題はランタンだけコールマン1強になってしまうため、ランタンとバーナーを別のメーカーにしてしまっていいのか?ということになるのです.OD缶を使う製品のほうが、アウトドア的に魅力的な製品も多いので、結局、コスト高なOD缶を選んでしまったというキャンパーさんも多いかと思います.

家族4人のキャンプでOD缶を使うと、節約したとしても470g(1000円くらい)缶を1本~1.5本使います.2泊3日だと2本~3本消費することになります.1本1000円近くするOD缶ですので、キャンプごとにそれなりのコストがかかります.

そこで、OD缶利用者が1度は思うことが、安いCB缶使えないのか???
すごく昔から気になってました.CB缶からOD缶機器に切り替えできないか?詰め替えする機械はわりと古くからあったのですが、変換アダプターというのはあまりなかったような記憶があります.さらに、あったとしても品質に問題があるような書き込みがあったので躊躇していました.ただ、買い置きしていたガス缶も少なくなってきたので、とうとう

『新品』って書いてるあたりか・・・

OD缶CB缶変換

袋を開けると、アウトドアショップで売ってても不思議じゃない感じ

OD缶CB缶変換
加工は綺麗ではないけど、どうなんやろ?

OD缶CB缶変換
ガス漏れ防止機能があるらしい・・・(怪しい)

OD缶CB缶変換

ネジの溝、見た感じは悪くない

OD缶CB缶変換

では、早速試したいと思うのですが、、、

そや、我が家にはCB缶を使う器具がない=CB缶がない

明日買いに行ってきます!

キャンプ用マット

寝心地を良くするため、保温性をUPするため、マットは必需品ですよね.
ちょっと前まで、銀マットが最強やと思ってたのですが、間違いだったかもしれません.

キャンプ用品、訂正してお詫び致しますブログとなります.

銀マットはジャバラタイプがお勧めと豪語しておりました.コンパクト、車に搭載しやすいという理由なのですが、折り畳みの部分が弱く、破れやすいという欠点もありました.ダメになれば買い替えればいいという発想だったのですが・・・

1)1枚で大きい必要ある?半分のサイズでも横に並べればいいのでは?とか

2)もう1つ気づいたのが、寝るときのマットは短くてOKということです

登山系キャンパーからすると、今更何言ってるの?とバカにされるかもしれませんが、箱車で荷物満載可能なキャンパーだと気づかなかったんです.しかし、箱車から→コンパクトカーにに乗り換えたときにに初めて気づきました.少しでも荷物を小さくする必要性に迫られると・・・

昨年、購入したマット.車中泊でも大活躍していますし、通常キャンプでも問題なし.むしろお勧めであることを再確認致しました.レジャーシートは湿気対策だったのですが、コールマンのグランドシート・・・まあまあ優秀で結果的には必要ありませんでした.

キャンプ用マット

サイズ感を確認していただくためシェラフをセット.(実際にはこんな感じ+頭にマクラ的な布を)

キャンプ用マット

ご覧の通り、マクラ的な頭に、何か頭を底上げする必要はあるのですが(着替えとかタオルとか何でもいい)、マットの機能としては『肩』と『お尻』だけマットの上に乗っかっていれば、寝心地的にまったく問題ないんです.

-結論-

マットを購入するときは自分の肩からお尻の長さ+αのサイズが最適です.決して身長分の長さのマットは必要ないです.

はい、ファミリーキャンプ的には縦方向に短く、横に少し長いサイズがあるといいのかもしれませんね.

ソロキャンプの予行演習

スケジュールが合わず、家族でのキャンプが難しくなった今・・・

キャンプは行きたい、、、けど一緒に行ってくれる人がいない=友達少ない=寂しい人生すぎる

軽く趣味が合う友達ができたとしても、オッサン2人でキャンプとかまあまあハードル高いんですよね.

そうなると、ソロキャンプはどうか?

それなりに経験はあるのでどんなキャンプ道具が必要かはある程度分かってます.

調べるといろいろほしいものがでてきます.

『けど』ソロ用ではないですが、代替え可能なファミリー向けの道具は揃っています.

まだまだ使えるものを買い替えるのはもったいないし、なにより、本当にソロキャンプを続けることができるのか???

一人の寂しいソロキャンプを楽しめるのか?

ソロキャンプ道具を買っても、1回使って終わりになるのでは?そんな不安がよぎり、1歩踏み出せない状況が続いています.

そんな中で機会が訪れたのが『釣りキャンプ』です.メインは釣りでサブがキャンプ.ちょうどいい機会なので、ファミリー用キャンプ道具を使ってソロキャンプを想定してキャンピングしてみました.

心配していた荷物の量ですが、ファミリーキャンプ用でも、物量的には代替えできそうです.
テント、テーブル、イス、クーラーボックス、キッチン道具、寝袋、着替え +釣り用の遊び道具を搭載するとこんな感じです.(コンパクトカーに搭載)
今回は釣りの寝床確保のキャンプのため、追加でイスを1脚+釣り友の寝袋と釣り道具を載せての旅でした.

本来なら荷物をコンパクトにするため、ロースタイルの道具に変更する必要ではあるのですが、ソロキャンプならなんとでもなりそうなことが分かりました.

・食事関連はまったく問題なし

・唯一の問題点というか、改善したい点

エギングキャンプ

やっぱですね、デカいと設営、撤収が大変なんですよね.

やはり、テントだけはコンパクト=楽に設営できて、楽に撤収できるものが必要と確信しました.

もう1点、寝る前に獣を見てしまったんですね.

夜中に2,3回、意味不明な物音で起きたのですが、、、ソロの野営キャンプ系は自分的(ビビリ)には無理かもとも思いました.

キャンプエギング

9月22日―23日
キャンプエギング、いやエギングキャンプか、、、大好きな遊びを2つ同時に楽しんじゃおうという企画です.ここ最近は家族のスケジュールが合わず、キャンプどころではありません.そこで、キャンプとエギング(アオリイカ釣り)と融合させたキャンプエギングをオッサン2人で行ってきました.

晩御飯でアオリイカのお刺身を食べながら1杯という野望を抱いてのキャンプエギング.なんとなくイヤな予感はしていたんです、1泊2日の釣行なので、初日は晩御飯用のアオリイカ1杯だけ釣れればいうという気持ちで釣り開始.しかし、日も悪かったせいでなかなか釣れない.ようやく相棒に貴重な1杯がきたのですが、私がなかなか釣れず、暗くなる時間まで深追い・・・

結局、イヤな予感的中.超久しぶりに夜間にテント設営するはめに.

エギングキャンプ

慣れてるとはいえ、やはり、暗くなってからのテント設営はたいへんです.初心者、キャンプ歴の短いキャンパーは絶対に真似をしないようにしましょう.

本日の晩御飯はおでん.酒のおとも.

エギングキャンプ

冷めないようチビチビやれるシステムです

エギングキャンプ

でも、からし忘れたよ~

エギングキャンプ

そして、メイン

エギングキャンプ

ちょうどいい、ナイスな酒の肴サイズ

エギングキャンプ

ガッツり食べたいわけではないんで、ちょうどいい

エギングキャンプ

ゲソは塩コショウで

エギングキャンプ

酒の肴用で準備していた鶏肉と

エギングキャンプ

食事は大満足だったのですが、唯一、酒の量が足りなかったという失態がありました.

起床後は朝食前に軽くエギングし、目的達成!

エギングキャンプ

サイズはでませんでしたが、なんとか完全試合を回避

相棒のリクエスト.朝はごはんを食べたいということで

エギングキャンプ

海辺で調理

エギングキャンプ

男の料理感満載ですが、なんとか形になり

エギングキャンプ

おいしゅういただくことができました.

エギングキャンプ

相棒に、飯盒の底を見せ、炊き加減の完璧感を説明するも、ピンときていないようでした.炊飯器みたいに毎回完璧に炊くことができないんだよな~ わかってくれないかな~ まあ、キャンパーの自己満ですかね(笑)

エギングキャンプ

ダッチオーブンvsバーミキュラ比較

2018年のゴールデンウィーク後半戦

雨、強風・・・アウトドア遊びには不向きな天候が続く

あまりに暇なのでダッチオーブンvsバーミキュラで焼き芋作りをしてみました.

ダッチオーブンvsバーミキュラ

ほんま暇人ですね・・・

ダッチオーブンvsバーミキュラ

ダッチオーブンはステンレスダッチオーブン

ダッチオーブンvsバーミキュラ

ダッチオーブンには石を敷き詰めまして遠赤外線パワー?

ダッチオーブンvsバーミキュラ

バーミキュラはキッチンペーパー + お水を少々

ダッチオーブンvsバーミキュラ

バーミキュラは1度、焦がしたことがありまして、、、使用禁止命令がでてますので、家内の留守に内緒で決行

ダッチオーブンvsバーミキュラ

それでは対決スタート!!!

ダッチオーブンvsバーミキュラ

後で分かりましたが、バーミキュラはこれぐらいの超弱火でOKですが、ダッチオーブンは中火くらいにしないとまったく出来上がりませんね

ダッチオーブンvsバーミキュラ

弱火すぎて時間がかかりすぎて参考になりませんが、バーミキュラ(30分)、ダッチオーブン(40分)

ダッチオーブンvsバーミキュラ

あれ?表面はダッチオーブンのほうが、蒸し焼きな感じになってる

ダッチオーブンvsバーミキュラ

バーミキュラのほうが焼き芋色の表面になっている・・・

ダッチオーブンvsバーミキュラ

見た感じからしてバーミキュラのほうが焼き芋っぽい

ダッチオーブンvsバーミキュラ

衝撃の切断面!!!左の黒っぽいのがバーミキュラ、右の綺麗な色がステンレスダッチオーブン

ダッチオーブンvsバーミキュラ

香り:バーミキュラの勝ち
味:バーミキュラの勝ち
触感:バーミキュラの勝ち

ダッチオーブンvsバーミキュラ

なんなん?まったく同じサツマイモが、スイーツとただの蒸かし芋ぐらい違います.

バーミキュラの芋はねっとりして、めちゃくちゃ甘くなってスイーツレベルの触感

やはり、恐るべし鍋ですね、バーミキュラって

家内に使ったことバレないように、すぐに洗って同じしまっておきました・・・