実践0.5号炊きメスティン

実践0.5号炊きメスティン

美味しいのですが、おじさんには1合のご飯は多すぎる.
少し無理をすれば食べる体力はあっても、食べすぎも体に悪い.

そこで必要になるのがメスティン0.5合炊きの技術

普通の飯盒でも同じなのですが、お米の量が少ないほど、水の量、炊き方がシビアになります.
メスティンも同じで、1合より、0.5合のほうが難易度がUPします.

家で試して大成功したメスティン0.5号炊きでしたが、実践ではうまくいくのか?
水の量は100mlを目安.軽量カップは使わず、成功したときの100mlメステインの写真を参考に.
おかずはセブンイレブンの生姜炊きの冷凍

0.5号炊きメスティン

インスタントのシジミ汁と卵焼きを追加し

0.5号炊きメスティン

火力が強すぎたのか、8分くらいで”パチパチ”と音が鳴り出す.仕方がないの火を止め、温まり切っていなかった生姜焼きをお米の蒸しの時間に投入!

0.5号炊きメスティン

結果:食べることはできましたがお米は硬く失敗でした・・・

反省点
・弱火で炊き時間は長めのほうが良さそう
・お米の量が少ないのでおかず温めなど、余計なことをすると炊飯に影響する

いずれにしても、予想通り、量が少ないと難易度はUPしそうです.
もう少し研究を続けています.  

タイトルとURLをコピーしました