日本海でキャンプと釣り(エギング編ー2)

スポンサーリンク

日本海でキャンプと釣り(エギング編ー2)
2011年10月8日~10日竹野のキャンプ エギング後半戦(前半戦はここ

■2日目の夕方

昼間は城崎マリンワールドへ
キャンプと釣り

イルカショーの次に時間を使ったのがアオリイカの観察(笑)
キャンプと釣り

餌の時間に観たい・・・(笑)
キャンプと釣り

夕食は鍋の予定のため食材のカニを買うという名目で香住へ
ところが、この前の大雨の影響か?

ナビは海岸沿いを通るルートを支持するも、途中通行止めに・・・
大きく迂回しなんとか香住へ到着
いろいろ店があんのかなと思いきや、松葉ガニが解禁する11月まではやってること少ないみたいです

選択肢もないのであっさり買い物終了
キャンプと釣り

その後エギングの大会で実績のあったポイントへ
カニが目的だったのか?エギングか目的だったのか?
朝が過酷なエギングだったので夕方は数釣りがしたいと思ったのも事実

今から考えてるとめっちゃ荒れてたのですが、人間の思い込みってすごいですね
まったく根拠がないのですが絶対に釣れる感覚があり・・・
追い風ってのもありましたが、爆風&荒波でエギングしてます

サイズは小さいですが数投でGet、やはり濃い
キャンプと釣り
撮影お願いしたら裏返ってるし・・・

息子ちゃんもほどほどに釣ってます
キャンプと釣り

これが最大か・・・300は超えてると思いますが
キャンプと釣り
さすがに虐待サイズはいませんでしたが、やはりこのポイントは数釣りポイントみたいです

波でエギが前後に動いてしまうからか、根掛かり連発
けど、ほどほどに釣れるので攻めてしまう
1時間ほどで私6杯、息子3杯(200~300g)
そのかわりエギ大量ロストという代償を払わされました

5,6本エギをロスト、痛い・・・
キャンプなんでたくさん釣れても冷凍保存もできません

キャンプサイトのご近所にお裾分け
『僕が釣ったイカですと、配ったそうです』(笑)

私:6杯
息子:3杯

■3日目朝

前日に頭から波をかぶったせいか、いつも元気な息子ちゃんが頭痛いとのこと
仕方がないので一人で猫崎の地磯へ
夜が明けるまでが勝負だろうなと、前日より30分早く磯入り

が・・・

人はいなかったのだが、すでに新鮮な墨跡多数
ここで粘るべきか、移動すべきか?
悩んだ挙句、移動するのも危険なのでそのまま粘ることに

3日目にしてようやく穏やかな海、夜通し打ちまくられたのか・・・
打たれてなくても前日釣れなかったし私には相性悪かったのかも
2時間粘ったがらしいのが1発のみ

終了~
私:0杯

■3日目昼

カニがあまりにも美味しかったので家用にお土産を買って帰ることに

=香住です・・・

値札には4,800円と書かれてますが4000円+おまけというのが標準のようです

この日は大アジがなく甘エビをつけてもらいました
買い物はすぐに終了しさっそくエギングです(笑)

30分だけねという約束で爆釣ポイントへ
この日は波も穏やかということで娘も磯に上がる

イエイ
キャンプと釣り

さすがに真昼間は厳しいみたいです
それでも足元まで追ってくるのが見えたり、昼間サイトでやるのも楽しいですね

なんとか1杯釣れて

娘:『イカってこんな黒いの?』

あっと言う間に白くなる締める瞬間を見て感動してました
これを見せたかったんです!
目的が達成できたので帰り仕度をしていたとき
貝広いをしていた息子が『タコや!』と叫んでます

ほんまや浅いとこにタコがいます

近くにエギを投げてチョンチョンやると

ぎゅ~

抱きついてきました
やった~ 家族4人おおはしゃぎ
が、2号のラインなんで引っこ抜けません
エギもロストしたくないし・・・

車に戻っていろんな道具を持ってくるも
いろいろ考えたあげく、水汲みバケツの紐にいらないエギを巻いて引っこ抜く作戦で

この間の格闘30分

ようやく上がってきたタコ 500gあったと思います
ただ、締め方が分からなくって・・・てか、目と目の間でなかったっけ
なかなか大人しくなってくれません

強引に袋に押しこめお持ち帰り
でもめっちゃ美味しかったです

息子ちゃんはたこ焼き大好きなタコ嫌いな子やったんですが『このタコは美味しい』と言って食べてました(笑)

タコ専門で狙う人の気持ちが少し分かったかも
できるだけ宝塚渋滞にハマらないようスケジュールしてたのですが、結局夕方になり大渋滞

日本海もこの渋滞がなければもう少し近いのですが・・・
今年はこれで終わりだと思いますが、来年またリベンジしたいと思います

コメント

  1. […] けど、今晩もおかず確保!(笑) 程よく海藻がかかったり、ええ感じやったんですけどね~ 2日目の朝の釣果 私:0杯 息子:2杯 エギング編ー2に続く […]

タイトルとURLをコピーしました