キャンプ場選び

キャンプに行くと決めたけど、どこに行けばいいのか?そんな悩みを解消するキャンプ場選サポートするページです.




地域の選定

キャンプ場で、まず初めに選定するのはどの地域に出掛けるかです.初心者の方は、キャンプ場までの距離重視で選ぶことをお勧めします.お父さん、お母さんだけでなく、思ってる以上に、子供たちも疲れますので、特にはじめてのは近場のキャンプ場を探しましょう.
何かと時間のかかるキャンプですので、想像している2倍、3倍の時間がかかる可能性があります.近ければ予期せぬ渋滞に巻き込まれる確率も少なくなりますし、時間配分をミスしてもリカバリーしやすくなります.せっかくキャンプ道具を揃えたのに、もうキャンプはこりごり、なんてことにならないよう初回は時間に余裕をもたせできるだけ手を抜くキャンプをお勧めします.


キャンプのシチュエーション

夏=海 キャンプと海水浴 一緒にできて最高!
スイカ割に釣りに花火・・・
妄想は最高潮に膨らむ場所ではあるのですが、実は一番過酷で、難易度の高いキャンプになります.海水浴ができるような場所でのキャンプはとんでもなく暑いんです.
昼間は逃げようがないですし、夜になっても気温が下がりづらいんです.PM10時くらいまでどうにもなりません.クラーがないと寝れないような人は、もう地獄です.
暑いので、昼寝もできないので子供たちもぐったり・・・
小さいお子さんの体力消耗は相当なものになります.ある程度体力がつく小学生くらいまでは海キャンプは避けたほうがいいでしょう.

河原のキャンプは真夏でも比較的すごしやすいです.ただし、海より危険ということを肝に銘じておくことです.
基本的に監視員もいませんし、流れや、急に深くなったりと海より危険なので油断しないことです.滝壺なんかはとんでもなく危険なので絶対に近づかないこと!
また、増水時に水が上がる場所でのテント設営は避けること.
近年、突然のゲリラ豪雨もありますし、何かあった場合は取り返しがつきません.河原の設営場所は慎重に選びましょう.中州でキャンプなんて、とんでもないことで、中州に取り残されてる事件なんかありましたよね.
小石などが多いのですが、寝るスペースだけは丁寧に石を取り除きましょう.テントを張ってしまうと後での除去は不可能です.少しでも突起があると寝れないので気をつけましょう.

湖畔のキャンプ場も比較的夏場も過ごしやすいです.海もいいが、湖で泳ぐのもなかなか楽しいですよ.以外と魚も多かったり、なんといっても泳いだ後の処理が楽なところもGoodです.真水なのでベタベタしないので、人も遊びGoodsの片付けも楽なんです.
基本的に山間にありますので気候的にも過ごしやすいキャンプ場が多いのではないでしょうか.湖はキャンプ初心者の方にお勧めの場所です.

(ほどほどに)標高が高ければ高いほど涼しくて過ごしやすいです.初心者のころは冬場にスキー場になるような高原のキャンプ場がお勧めです.
夜になるとちょっと肌寒いくらいのキャンプ場もありますが、着るもので体温調整できるので、暑くて耐えられないよりは断然過ごしやすいです.
スキー場だと、温泉がセットになっている場合が多いので夜のイベントも1つ増えます.




キャンプサイト、キャンプスペースの種類

AC電源、炊事場付きサイト

電源付き、炊事場付きは一番豪華で高級なキャンプサイトになります.AC電源のあるキャンプサイトの9割は車を置く場所、テントを張る場所、炊事場と綺麗に区画整理されています.最近はAC電源付き、炊事場付きサイトから予約が埋まっていきます.
当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、このような施設が整ったキャンプ場はほとんどは、売店、温水シャワーなども完備されています.
予約しておけば、BBQの食材の準備などもしてくれるキャンプ場もあります.食事のことまで手が回るか心配な方は利用されてもいいかもしれませんね.

電源は携帯の充電、3DS充電・・・たいした使い道はないのですが、本格的なライトや炊飯器を持ち込まれてるキャンパーも多いです.
我が家も鍋ができるホットプレート+ティファールでオール電化のキャンプ(笑)を体験したことはあります.
味気ないといえばそれまでですが、晩秋の冷え込む時期は鍋なんてのもいいもんですよ(>>日本海キャンプのカニ鍋キャンプ)
夏はサーキュレーターなんかもいいですね.電源ある、なしで、1000円から2000円の料金の差があります.

オートキャンプサイト

一軒家のようにスペースの割り当てがあり、車をサイト内に入れるタイプが多いです.車を横付けする、いわるゆオートキャンプサイトです.
荷物を運ぶ距離が短いので、比較的、楽にキャンプサイトを設営できます.10m×10mあたりのサイトは大きいほうになり、10mを切るサイトも少なくないです.
3m×3mのテント、3m×3m級のタープに車をサイトに入れるとギリギリです.サイトのサイズが不明な場合は予約の際に必ず聞くこと.
ただ、ほとんどの場合、大丈夫、大丈夫、みなさんタープも張ってるよ!という返事が返ってきます(笑)
本当に狭い場合もありますが、だいたいは何とかなります.基本、田舎なんで、どうしても無理がある場合は車を外にだしたりなど、何かしらの対処方法はあります.
6点支柱の大型タープ、4m級スクリーンタープ以外ならほとんど大丈夫でしょう.大型の道具を広げたい場合は2サイト借りるという技もあります.狭いサイトはキャンプ場側から2サイト分借りてほしいと提案がある場合もあります.

あまり近すぎると人の行き来が激しくて落ち着かないですが、選べるなら、ほどほどに炊事場に近いサイトがいいです.夏場は風通しのいいサイトってのも重要なので地形が複雑なキャンプサイトの場合は予約時に確認しましょう.

フリーサイト(オートキャンプ)

フリーとは無料という分けではありません.枠が決まっておらず、このあたりに自由にテントを張ってもいいですよというキャンプ場です.
好きな場所に好きなように(常識の範囲内で)レイアウトできるキャンプ場です.大型のキャンプ道具、大人数のキャンプ向きです.
このようなフリーのオートキャンプのサイトは早いもの勝ちなキャンプ場がほとんどなので、できるだけ早く到着したいですね.
また、市町村が運営してる場合も多いので料金も安めです.場所を確保してからゆっくり買い物というスケジュールがお勧めです.

キャンプサイト(非オートキャンプサイト)

駐車場とキャンプサイトが離れているキャンプ場.駐車場からキャンプ道具を運ぶ必要があるの で少し手間がかかります.
GWやお盆直前の予約となるとこのタイプしか空いてない場合があります.多少の不便はあるのですが、キャンプはそもそも不便を楽しむ遊びです.考えようによっては準備と撤収の不便が1回づつ増えるだけ.ほとんどの場合荷物を運ぶ用のリヤーカーなどが準備されています.
場合によってはエンジン付きバギーで運搬してくれるキャンプ場なんかもあります.

キャンプサイトの場所(位置)選び

オートキャンプサイトはキャンプ場内の位置選びも気になるところです.ホテルの部屋と同じで自分で選べるキャンプ場と管理人が勝手に決める2通りがあります.
人気があるのは炊事場の近くです.あまり近すぎると人の行き来が多いので落ち着かないのとほどほどに近い場所がいいでしょう.
トイレも近すぎると匂いがする場合があるので、ほどよく離れたところがいいでしょう.選べる場合は炊事場から3つくらい離れていて、なるべく広いサイトという伝えるといいかな.

管理棟について

管理棟にいる管理人は受付(チェックイン)とチェックアウトの時間帯だけいると思って下さい.お願いすること、借りたいもの、分からないこと、聞きたいことはチェックインの際に済ませておきましょう.後でというのは基本ありません.夜も管理人がいるようなキャンプ場はほとんどないですよ.