10年後のキャンプ道具

新しく新規購入するキャンプ道具やキャンプGoods情報は多いですが、使い古したキャンプ道具情報は少ないですよね.耐久性情など、どれくらい使い続けられるのか?将来のイメージを紹介するページです.

タープ

10年後のキャンプ道具

10年後のキャンプ道具の紹介第一弾は数スクリーンタープ.オートキャンプでもBBQなどのディキャンプでも必須になるタープ.最近はスクリーンタープも多くなってきましたが、久しぶりに使って便利さを改めて実感.色褪せはあるがまった問題なし.縫い目などの劣化がないかが心配だったが負荷のかかる箇所はしっかり補強されているので非常に丈夫にできている.敵は湿気からくるカビだけか?汚れは仕方ないが、乾燥だけはしっかりしてから保管しよう.

【詳細レポート】

チャコスタ

10年後のキャンプ道具

憧れのキャンプ道具、3本の指に入るのではないだろいか.毎回、超高温に晒される、キャンプ道具No1に酷使される道具である.すぐにダメになるのでは?しかし、そこは安心、一般的なBBQコンロの3倍ほどの厚みのあるステンレス板でできている.思ったより重量があるというデメリットもあるが、安物のBBQコンロのように酸化することもなく長く使える.

【詳細レポート】

シングルバーナー(セパレート)

10年後のキャンプ道具

あえてセパレートを書いたのは理由がある.応用性、安全面からの理由だ > >詳しくはこちら キャンプはもちろん、山、海、川、BBQ、お花見まで、アウトドア遊びのいろんなシーンで役立つシングルバーナー.興味はあるけど踏み込めない外遊びに興味のある人にお勧めの道具.

【詳細レポート】




ハイスタンド

10年後のキャンプ道具

一時期は大掛かりなキッチンスタンドを持参していたが、最近はツーバーナーのお供は100%このシンプルハイスタンドだけに。高さ調整ができないので流行りのロースタイルには対応できないが、たいした不便はない.安全性を考慮してというのは分かるが、最新式は重さ、容積が大きくなり、構造も複雑になってしまった.唯一、後退してしまった道具ではなかろうか.

【詳細レポート】

サンシェード

10年後のキャンプ道具

年に数回しか使わないものなので、ほぼ一生ものかと思いきや、やはり10年くらいたつと繊維が劣化して使えなくなるようです.収納袋の縫い目ではなく、紐そのものが切れたので、まさかと思い、本体の紐を確認すると、簡単に裂けてしまいました.収納袋の紐の劣化=買い替え時期のようです.

【詳細レポート

飯盒

10年後のキャンプ道具

10年、いや、20年を共にオートキャンプ生活を共にしてきたキャンプ道具、飯盒.ただ単に綺麗だからいいというわけではない.飯盒の底の炭化がキモ.

【詳細レポート】
みんなで飯盒炊飯楽しいね【レポート】