ガス缶燃料について

キャンプ生活も2、3年目あたりになるとボチボチ気になるのがランニングコスト.

1,2年まで、何かしらのキャンプ道具と一緒に買っていた消耗品ですが、3年目あたりになると消耗品だけ追加購入ということになります.

そこで気づくのが『あれ?このガス缶ってすごく高くない???』

ガス缶は大きく2種類に分類できます.

1)CB缶(CassetteBombeの略)

家庭やお店で使う卓上コンロで使われているガス缶
イワタニ、SOTOなどのメーカー
100均でもある、コスパの高い一般的なガス缶です.
100%までとはでは言えませんが、日本製であれば基本的に互換性があります.
※阪神大震災後に規格統一されているのですが、外国製は作りが甘く装着できないことがあります.

2)OD缶(OutDoorの略)

コールマン、スノーピークなどキャンプ専用メーカ用
かなり大雑把な分類ですが、他メーカとまったく互換性のないガス缶
コールマン、スノーピーク・・・メーカー専用のもの
※コスパ的に他メーカのものを使うメリットはありませんが、形状は同じです

だどが代表的なもにになります.

では、CB缶、OD缶どちらがいいのでしょうか?

雪山を想定しない、ファミリーのオートキャンプレベルだとどちらでもOKです.もし、雪山などに興味があるならOD缶を使うPRIMUS(プリズム)などを選んでおきましょう.でも、冬場以外のオートキャンプならCB缶の性能で十分です.早春、晩秋の朝、晩の冷え込むときだけCB缶の寒冷地用を使用します.

購入時は気にしないかもしれませんが、2,3年後、燃費重視の車を乗ってるお父さんなんかは相当気になるかもしれませんね.とにかく燃料だけ気になるファミリーキャンパーはCB缶を使う気に入ったキャンプ道具を選択するといいかもです.

ところが、頭では理解できても、そうわ問屋が卸さない!

→ツーバーナーをコールマンのランタンと合わせるとコスパの悪いガス缶を買う必要がある

→ツーバーナー+燃料を優先してメーカーを選択すると、気に入ったランタンがない!

さて困りましたね

回答は・・・

ないで~す

何故か?キャンプ道具購入時に将来を見据えた選択って簡単にできないですし、何より、非日常を楽しむ遊びなので簡単に答えが見つからないんです.

更に、ファミリーキャンパーの場合、子供、家族の環境が年単位でかわります.サラリーマンのお父さんだって転勤なんていうこともあります.東京転勤などが多いと思いますが、アウトドア遊び的には、ほぼ絶望的な状況になります.休日に八王子インター超えるだけでとんでもない時間がかかります.

キャンプ道具の選定・・・家族会議でよく話し合って決めて下さいね.

アウトドアワゴン

アウトドアワゴン 早くキャンプ道具を運びたいよ~

憧れの Coleman(コールマン) アウトドアワゴン
お小遣いを少しづつ貯金しながら・・・やっと購入できたで~
が、しかし、3週連続週末の天候不良

我慢できず、ベランダで開封してしまいました

人気商品なのでシーズンに入る前、在庫のあるうちに購入しておいたほうがいいかも.

今の我が家の車は無理ですが、箱車&このアイテムを入手すれば、人気の高いオートキャンプではなく、競争率の低い荷物を運ぶキャンプでもいいかもしれませんね.荷物を運ぶキャンプ場はハイシーズンでも予約できるんですよね.このアイテム、アウトドアワゴンはオートキャンプ予約できない難民の救世主かもしれませんね.
車の荷台に余裕があるキャンパーにはお勧めのアイテムです.

10年後のキャンプ道具(サンシェード)

10年後のキャンプ道具(サンシェード)

翌日、待ちに待った海水浴.道具を準備していると・・・収納袋の紐が切れる

サンシェード

紐をつかんで持ち上げた瞬間、『ビリビリ~』破れてしまいました.
ありがちな、縫い目ではなく、紐自体が避けてるんですよね.

サンシェード

すごく不安だったのですが、あえて気にしないようにしてそのまま海水浴で利用

サンシェード

帰宅後、めちゃくちゃ気になっていたポールアタッチメント箇所をチェック

やべぇ、簡単に裂けますね・・・収納袋の素材の劣化=本体の素材と同じ=買い替え時期の目安になりそうです.




服部緑地公園お花見

2017年4月2日 服部緑地公園お花見
今年は少し遅れているようで見ごりは来週かな

【詳細ブログ】

服部緑地公園お花見

暇してた娘と二人でお出かけ
コンビニ弁当は味気ない 急きょ野外焼きそばの準備

服部緑地公園お花見

スタートが遅しぎてようやく出来上がったのが2:30 次回は前日から準備しようと反省

服部緑地公園お花見




LEDライト

キャンプ用品の展示会とかあるといいと思いませんか?
3,4年前から顕著になってきたのがスポーツ用品店のキャンプGoosエリア縮小.要するに、ショールーミング(お店は見るだけでNetで購入)が多くなってきたからではないでしょうか?
おそらく実店舗からするとキャンプ道具って厄介な商品でしょうね.展示するにもスペースはいるし、在庫スペースもたくさんいる.そんでもってショールーミング率も高い.お客側も大きくて重いものを持って帰るの面倒ですし、宅急便で運んでもらったほうが楽なんですよね.そんなことで、手軽に実物を見られる機会が減ってきているのですが、GENTOS (ジェントス)製品をまてめて見る機会に恵まれました.

LEDライト

インテックス大阪で開催されたフィッシングショーOSAKA2017 入場料がいる展示会(前売り1000円)なので、さすがにこのためだけに入場することは難しいかもしれませんが、釣り好きならありかもです.

LEDライト

なかなか勢揃いで見ることないでしょ?ヘッドランプもフルラインアップで展示されていました.

LEDライト

さらに、キャンパーは見たことないですよね?マグネット式の学習机で使うようなライトもあるんです.バッテリー式で3~4時間稼働のようですが、食事のときだけリビングテーブルとか、キッチンにあるとええ感じ。来年も出店するか分かりませんが、興味のある方は是非どうぞ。大阪のフィッシングショーは毎年2月の初旬に開催されます.



今子浦海水浴場BBQ

今子浦海水浴場BBQ
それなりの暑さは覚悟していたが・・・ここまで暑いとは
海水に入り、体を冷やしながらのBBQ

【詳細ブログ】

今子浦海水浴場BBQ料金などはこちら

駐車料金:1,000円/大人300円、子供200円

今子浦海水浴場BBQ

今子浦海水浴場BBQ



白良浜海水浴場

白良浜海水浴場

和歌山県白浜町にある白良浜海水浴場.
関西に住んでいたら1度は行ってみてもいいかも.いや、むしろ関西に住む若者は行っておくべき海水浴場です.
白浜には、実は空港があり、1日3回、羽田との往復便があるんです.
東京からの観光客が多いということもあり、活気のある海水浴場です.
また、高速道路が開通したので大阪からもものすごく近くなりました.

>>白良浜海水浴場の詳しい情報はこちら

白良浜

白良浜





琵琶湖BBQ

2016年4月30日 琵琶湖BBQ

久しぶりの家族でアウトドア 琵琶湖湖畔にBBQに行ってきました.
子供の成長と共に、家族4人のスケジュール調整ができなくなるんですよね.

【詳細ブログ】

2016年4月30日 琵琶湖BBQ 久しぶりの家族でアウトドア 琵琶湖湖畔にBBQに行ってきました 【詳細ブログ】

オートキャンプ

琵琶湖湖畔にはたくさんの公園があって、無料のBBQスペースもたくさんあります.

琵琶湖公園マップなどが便利です.

今子浦キャンプ場

兵庫県香住町にある今子浦キャンプ場を紹介します.

【今子浦キャンプ場 詳細情報はこちら】

海水浴とセットで遊べるオートキャンプ場ということで人気のあるサイトです.
今子浦キャンプ場

入口入ってすぐにあるのがオートキャンプサイトになっています.綺麗に整備されており、スペース的にも余裕のあるオートキャンプサイトになっています.
今子浦キャンプ場

料金表などは
今子浦キャンプ場
にて確認してください.